|あと重たいものでは「スペアタイヤ」があります。

あと重たいものでは「スペアタイヤ」があります。
最近の車はスペアタイヤレスで代わりに「パンク修理剤」が搭載されていたりしますが、パンク修理剤の方が圧倒的に軽くて済みます。
スペアタイヤが無いのなら、タイヤ交換用の十字レンチなどの工具も不要でしょう。

●ガソリンはハイオクブレンドで燃費向上も。
レギュラー仕様のクルマでも、給油時にハイオクを混ぜることで燃費が良くなったりします。このリノベーションマンションの内覧に行ってきまーっす
最適なブレンド量はクルマによって違いますが、最適量を超えて例えば全量ハイオクにしてもさほど効果は上がりません。
あと、ハイオクは単価が高いので費用対効果も考えなければなりません。
「km/L」の数値だけを考えればハイオクブレンドも良いですが、レギュラーからの単価UP率分ほどは燃費向上しないと思うので、費用対効果で考えればフルレギュラーで良いと思います。
ガソリン添加剤もコストパフォーマンスは非常に悪いです(というか、そんなに効果無いと思います)。
もちろんハイオク仕様の車にレギュラーを入れると燃費は著しく悪化するのでやめた方が良いでしょう。